屋根工事と外壁工事の新美屋根工事(株) お問い合せはこちら
新着情報 工事店のBLOG
屋根について
外壁について
設計サポート
会社案内

愛知県高浜市の屋根と外壁の専門工事店。屋根工事、外壁工事、リフォーム、修理、雨漏り相談、ソーラーパネルは新美屋根工事(株)へ。

文字サイズ中大大大

工事店のBLOG

2017年09月26日

耐震シミュレーションソフト『wallstat』で瓦の耐震性を検証

全国陶器瓦工業組合連合会より、耐震シミュレーションソフト『wallstat』で瓦の耐震性を検証した結果が報告されました。「耐震診断を伴わない屋根の軽量化は、大地震時に倒壊する可能性がある。」という結果などが分かりました。

■耐震シミュレーション実施の背景

2001年(平成13年)に策定されたガイドライン工法で施工された瓦屋根は、震度7クラスの大地震でもその安全性が科学的に検証されています(瓦屋根自体の耐震性は検証済)。
しかしながら、大震災の発生の度に「瓦が重いから住宅が倒壊した」という報道が繰り返しなされた結果、瓦屋根を軽量な屋根材に変更する工事が行われています。

■スレートや金属屋根でも倒壊することがあります

スレートや金属といった軽い屋根材であっても、住宅全体の耐震性能が低いと倒壊してしまいます。「瓦が重いから住宅が倒壊した」という風評と矛盾が生じています。
そこで、全国陶器瓦工業組合連合会では、屋根材を軽くしただけで大地震による住宅被害に差異が本当に生じるかを検証するために、耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」を用いて、既存木造住宅の屋根を瓦からスレートや金属に葺き替えた単純な条件で耐震性を比較しました。併せて、耐震補強を加えた瓦屋根の耐震性も調べました。

■耐震シミュレーションソフト『wallstat』で検証した詳細や結果は以下のページをご参照ください。

  ▼全国陶器瓦工業組合連合会 『瓦の耐震性を知る』

  http://www.zentouren.or.jp/simulation/simulation.shtml


▼以下のPDFファイルは、『瓦の耐震性を知る』の冊子(A4/8ページ)です。
taishinsei.pdf
posted by Niimi at 23:19| Comment(0) | プロからアドバイス

PAGE TOP

HOME   |   新着情報   |   工事店のBLOG   |   屋根について   |   外壁について   |   設計サポート   |   会社案内   |   お問い合せ

新美屋根工事株式会社
     〒444-1324  愛知県高浜市碧海町3-5-22  [TEL] 0566-53-1823  [FAX] 0566-53-1838